もみの木で手作りクリスマスリース

XmasWreath15

今年も残すところわずか、そしてクリスマスまであと1週間となりました。  ニューヨークという土地柄、様々な宗教の方がいますが年末年始のホリデーシーズンということで、街中ハッピーなエネルギーに包まれています。 

私たちのアパートメントでもささやかながらデコレーションをしたり、クリスマスクッキーを焼いたりと気分を盛り上げています。 今回は、手軽にできるフレッシュなもみの木で作るリースを紹介します。

ニューヨークでは本物のもみの木を街のいたる所で売っているのですが、だいたい大きなツリーを売っている所では、枝の剪定しています。 私たちは小さなアパートの小さな棚の上に置けるくらいのミニツリーを買ったのですが、ついでに捨てられる予定だったその木の枝をいくつかもらって来ました。

前から興味のあったリース作りです。 Pinterstで集めたアイデアをもとにデザインを考えてみたのですが、結局ちょっといびつな円を描いた(ポジティブに言えばオーガニックな形の) シンプルな見た目に仕上げました。 

制作時間は20分くらい。 本当に手軽な手作業です。 気分転換やお子さんとのアクティビティにもぜひ!

 

さて作り方は、とっても簡単です。 まずモミの枝を20cmから30cmくらいの長さに切り分けます。 そしてその枝を細いワイヤーで結びつけていくだけ。 ワイヤーは手芸店で安く簡単に手に入る緑色のものを使いました。 フレッシュなモミの枝はしなやかな弾力があるので、簡単に好みの形に成形できますよ。 お好みで生花やフルーツ、スパイスなどでアクセントを付けてみてください。 何度も言いますが、本当に簡単なのでぜひ試してみてくださいね。